檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売なら信州木曽の志水木材産業株式会社へお任せ下さい。

台風が来れば桶屋が儲かる?

2012年06月19日  7:24 PM

タグ  ,

台風4号が和歌山県に上陸し、ここ南木曽も風雨が強まってきました。

今晩は長野県内を通過する予報なので、もしかすると眠れない夜になるかもしれません。

台風と言えば、昭和34年の伊勢湾台風も長野県内を縦断し、甚大な被害をもたらした記録があります。

南木曽では水害はなかったものの、暴風雨が強く、瓦屋根が動き、ガラス窓が割れたとの証言があります。

そして何より大量の風倒木が川に溢れたようです。

風倒木が橋に引っ掛かり、川が氾濫することもあったようです。

後に、この風倒木で木材産業が活発化し、木工業が主要な産業になったのはこれ以降のことらしい。

災い転じてなのだが、何が影響するのか本当に分からない。

「風が吹けば桶屋・・・」のことわざは、

「大風で土埃が立つ。土埃が目に入って、盲人が増える。・・・・ネズミは桶を囓る。桶の需要が増え桶屋が儲かる」と

ある事象の発生により一見すると全く関係の無いような思わぬ所・物事に対して影響が出ることの例えらしいのだが、

昔と同様、今の世の中、何がわざわいするか本当に読めなくなっていますね。

だからこそ、いろいろなアイデアを考えてストックしておく必要があると思っています。

ともあれ、何事もなく台風が通過してくれることを祈りましょう。

過去の記事
2017年9月15日   台風接近にご用心!
2017年9月11日   敬老の日のプレゼント
2017年9月6日   スポーツの秋、あなたは何する?
2017年9月4日   お風呂が気持ちいい季節
2017年8月30日   これもお寿司?
2017年8月28日   お客様の声
2017年8月18日   お盆明けも不安定な天気
2017年8月12日   お盆休みのお知らせ
2017年8月4日   南木曽の夏も終盤?
2017年8月1日   今日から8月

檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売なら志水木材ホームページトップへ