寿司桶(すし桶)、おひつ、檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売は木曽の志水木材

メニューホームオンラインショップカート

タグ『飯切り』の記事一覧

  • 英語話せますか?

    2018年09月26日

    先日の夕方、帰宅途中にクラクションを鳴らす車とすれ違いました。

    車は徐に止まり、空いた窓から男性の声が・・・

    「Do you ・・・・・ fukinomori?」

    えっ、外国人!!

    予期せぬ問いかけに大わらわの私。

    「fukinomori」の単語はなんとか聞き取れ、道を聞かれてるんだと理解。

    でも説明するのが難しい。

    道なりにって何だっけ?

    とりあえず「Go straight!」

    途中でクネクネ行かなきゃいけないんだけど・・・

    英語が出てこない(涙)

    外国人「・・・ GPS ・・・」

    そうナビあるんじゃない。

    というわけで近くのホテル富貴の森を目的地にセットして、

    とにかく「Go straight!」

    外国人「Thank you!」

    無事ホテルに着いたかな?

    寿司桶や木風呂を外国の方々に知ってもらうためにも、英語もう少ししゃべれないと・・・。

    貴重な経験をした帰り道でした。

    業務用の飯切りの多くは海外に輸出されていきます

  • ちらし寿司でひなまつり

    2018年02月24日

    朝晩の冷え込みも真冬に比べれば大分と緩んできました。

    日中はストーブを消してヤッケやジャンパーを脱いで

    作業着姿で桶をつくる職人もいます。

    これからは日の入りも遅くなり気分的にも明るく、春が近づいてきます。

    さて来週は雛祭り。

    春の遅い南木曽では月遅れでお祝いしますが

    三月三日にひな祭りの地域も多いのではないでしょうか。

    ご家族揃って手作りのちらし寿司でお祝いしましょう。

    寿司桶の準備をお忘れなく!

    寿司桶のご購入はオンラインショップでどうぞ

  • 北北西に向かって丸かぶりで幸運を

    2017年01月29日

    週末は暖かく春を思わせる天気でした。

    道端の雪もかなり溶けて、車の運転には気を使わなくてすむのでありがたいです。

    今晩から明日にかけては雨の予報。

    もうすぐ二月ですものね。

    寒さももうしばらくの我慢です。

    それもそのはず金曜日の二月三日は節分です。

    全国的にほぼ認知された感のある恵方巻き。

    今年の恵方の北北西を向いて太巻きを黙って食べて幸運をつかみましょう!

    もちろん酢飯づくりのために寿司桶(飯切り)のお買い求めをお忘れなく!!

    飯切り使って美味しい太巻きを
  • 漆塗りの飯切り

    2016年06月22日

    漆塗りの飯切りをご用命いただきました。

    漆塗りの飯切り

    スノコもお作りして納品です。

    飯切りにセットする簀の子

    お客様のご要望に応じてカスタマイズも可能です。

    お気軽にお問合せくださいませ。

  • 美味しさにこだわるなら

    2016年03月08日

    今日3月8日は語呂合わせで「みつばちの日」です。

    当社も養蜂具を製造しているので、今日は特別!?な日です。

    ところで昨晩、普段あまり観ないテレビを付けたら、

    「大きな飯切り」が映っていました。

    NHKの「サラメシ」という番組内で、

    署名人のサラメシコーナーで「坂上二郎が愛したおにぎり」が紹介され、その中で飯切りが。

    お米屋さんがおにぎりも売っているそうで、そのこだわりようでおにぎりは確かに美味しそう。

    ご飯を炊くのはガス釜。

    しかもフタは檜の厚蓋。

    炊きあがったアツアツのご飯を、大飯切りに手早くひろげ、適度な水分調整とにぎれるように冷ましていました。

    美味しさの秘訣は、道具へのこだわりと手間を惜しまない姿勢にあるのだと思います。

    木製の調理器具の良さを一人でも多くの方に感じていただければうれしいです。

    http://www.nhk.or.jp/salameshi/archives/a160307.html
    再放送は3月10日(木)午後0時20分からNHKで。

  • 飯切りの産地は南木曽

    2015年05月14日

    春の陽射しは紫外線が強いので日焼けしそうですが、

    風が強いのでそれほど暑さは感じない南木曽です。

    山々の新緑も色鮮やかです。

    さて、お取引先のアメリカニューヨークの台所用品店KORIN様の

    カタログに当社の様子が写真入りで紹介されています。

    海外で人気の和食。

    使う道具はもちろん日本製で。

    つくる我々も皆さんに喜んで技を発揮いただけるよう

    張り切って桶づくりに励みたいと思います。