寿司桶(すし桶)、おひつ、檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売は木曽の志水木材

メニューホームオンラインショップカート

タグ『養蜂』の記事一覧

  • 海外のスズメバチが日本にも

    アッという間に10月です。

    カレンダーも残り3枚。

    締め括りの四半期を充実した三ヶ月としたいものです。

    さて10月は雨のスタート。

    明日からは、また晴天続きなのでアウトドアの行事も気持ち良くできそうです。

    ところで野外行事で気になるのが蜂。

    特にスズメバチには要注意ですね。

    日本では年間20人近くの人が亡くなっているそうです。

    先日も北海道でスズメバチに刺されてショック死されている方の報道がありました。

    最近は海外のスズメバチも九州で確認されているようです。

    在来のスズメバチと比べて特に毒が強いというわけでもないそうですが、

    養蜂や生態系への影響が心配されています。

    スズメバチはミツバチを食べるんです。

    スズメバチを見かけたら、とにかく刺激せずにゆっくり離れるのが得策とか。

    誤って巣を踏んだり揺すったりしてしまった場合は、「一目散に遠くに逃げる」のだそうです。

    追いかけてくるのは最大80メートル程度らしいですよ。

    秋終盤まで注意が必要です。

  • 気になるニュース~凶暴スズメバチ

    2014年03月10日

    今日は久々に寒い一日となりました。

    最高気温は南木曽のアメダスで1.3度。

    工場のある広瀬地区では真冬日だったのだと思います。

    少し春らしい陽気に慣れていた身体にはちょっとキツイ天候でした。

    昨晩から早朝までの雪もなごり雪にしては軽いサラサラのものでした。

     

    ところで、新聞サイトに気になるニュースが。

    「凶暴スズメバチ、長崎・対馬に定着 生態系に悪影響の恐れ」

    韓国や欧州で人間の被害や生態系への影響が大きな問題になっている

    中国原産のスズメバチ「ツマアカスズメバチ」が長崎県の対馬に侵入、定着しているらしいとのこと。

    攻撃的で、健康被害とともに、餌になるニホンミツバチなど在来の昆虫の生息や生態系への悪影響が懸念されるらしいんです。

    本州に侵入したら、養蜂への被害も深刻化するかもしれません。

    一刻も早く対応して欲しいですね。