寿司桶(すし桶)、おひつ、檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売は木曽の志水木材

メニューホームオンラインショップカート

保存するだけでふっくらおいしいごはん
おひつのご飯レシピ

春に旬を迎える食材は、おひつごはんで楽しもう!

新たな命が芽吹く春は、食べ物が美味しい季節でもあります。
自宅におひつがあれば、白いごはんと美味しいおかずで、食欲も増しそうですね。

今回は、おひつごはんの世界をもっと広げてくれるレシピを紹介します。
春にぴったりのごはんメニュー3つを、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

■あさりごはん

 

春に旬を迎えるあさり。潮干狩りなど、あさりを大量に入手する機会も多いですよね。
酒蒸しやお味噌汁にして楽しむのが一般的ですが、ごはんと一緒に炊き込んでも、非常に良い出汁が出て美味しくなります。
あさりのうま味を存分に楽しめるレシピは、以下のとおりです。

 

【材料】

・お米     2合

・あさり    400グラム

・ショウガ   適量

・酒      適量

・醤油     大さじ1.5

・みりん    大さじ1.5

 

【作り方】

1.バットに水300ミリリットルと塩小さじ1.5(分量外)を入れ、あさりを入れて砂抜きをします。

2.お米は研いで、浸水させます。

3.砂抜きが終わったら、貝殻同士をこすり合わせるようにして洗います。

4.フライパンにあさりを入れて、酒と塩を回し入れて、あさりに火を通します。

5.あさりに火がとおったら取り出して、汁はよけておきます。

6.あさりの身を取り外し、少量の醤油(分量外)で下味をつけます。

7.お米の浸水が終わったら、お米のみを炊飯器にセットします。

8.炊飯器に、5でよけておいた出汁を入れます。

9.醤油とみりんを入れ、足りない分の水を足します。

10.ショウガのみじんぎりを加え、全体をさっと混ぜた後に炊飯します。

11.ごはんが炊きあがったらおひつに移し、あさりの身を加えます。

12.全体をさっくりと混ぜ合わせて完成です。

 

あさりの砂抜きは、ひたひたの水で行うのがコツです。
あさりの殻が少し飛び出すくらいになるよう、量を調整してみてください。
冷暗所にて、2~3時間おいておくことで作業は完了です。

 

こちらのレシピでは、あさりはあえてごはんと一緒に炊き込みません。
こうすることで、あさりの身が硬くならず、ふんわりとした食感を楽しむことができますよ。
食べるときには、おひつごと食卓に運び、ぜひみんなの前で取り分けてみてくださいね。
あさりの出汁の良い香りが、ふんわりと広がることでしょう。

 

 

 

■フキノトウの味噌ご飯

 

春の味覚といえば、欠かせないのがフキノトウです。
「少し苦みがある食材で、てんぷらにして楽しむもの」なんてイメージを抱く方も多いのではないでしょうか。

このフキノトウも、炊き込みご飯の具材として使えます。
春の旬を満喫できる炊き込みごはんに仕上がるので、ぜひ挑戦してみてください。

 

【材料】

・お米     3合

・フキノトウ  8個

・鶏ひき肉   120グラム

・油揚げ    1枚

・人参     適量

・酒      大さじ1.5

・砂糖     大さじ1.5

・醤油     大さじ1

・みりん    大さじ3

・合わせ味噌  大さじ3

・ネギ     適量

 

【作り方】

1.お米は研いで、ざるにあげておきます。

2.フキノトウは皮をむいて、一口大にカットします。

3.水にさらしてあく抜きをしたら、キッチンペーパーで水気をふき取っておきます。

4.油揚げは油抜きをし細切りに、人参は皮をむいて短冊切りにします。

5.フライパンでフキノトウと鶏ひき肉を炒め、火がとおったら酒・砂糖・醤油・味噌・みりんを加えて味付けをします。

6.炊飯器にお米をセットして、5を加えます。

7.3合の線ぴったりになるまで、出汁を加えます。

8.油揚げと人参を加えたら、スイッチを入れてごはんを炊きます。

9.炊きあがったごはんはおひつに移して、全体を混ぜて水分を飛ばします。

10.ネギのみじんぎりをトッピングして完成です。

 

フキノトウは癖のある食材として知られていますが、甘辛い味噌とひき肉で仕上げることで、食べやすくなります。
多少苦みは残りますが、味のアクセントとして楽しめるでしょう。
家族みんなで春の味覚を楽しみたい!と思うときにも、こちらのメニューはおすすめですよ。 

 

 

 

 

■春野菜たっぷり混ぜご飯

 

春に旬を迎える野菜も多くあります。
せっかくなので、ごはんと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。
見た目にも鮮やかで春らしい、春野菜のおひつごはんを紹介します。

 

【材料】

・お米     2合

・鶏肉     300グラム

・アスパラガス 1束

・人参     1/2本

・そらまめ   40粒

・卵      3個

・みりん    大さじ1.5

・醤油   少々

・塩      少々

 

【作り方】

1.お米は研いで、炊飯器で炊きます。

2.野菜はそれぞれ下処理をして、食べやすい大きさにカットします。

3.フライパンに鶏肉と野菜を入れて、炒めます。

4.いったん野菜を取り出したのちに、同じフライパンで炒り卵を作り、炒めた野菜と混ぜ合わせます。

5.みりん・醤油・塩少々で味付けをします。

6.炊きあがったごはんをおひつに移し、具材を投入します。

7.全体を混ぜ合わせて完成です。

 

せっかくの旬の食材なので、できれば生の食材を使ってみてください。
ただしどうしても手に入らないときには、冷凍野菜でもOK。冷蔵庫の残り物を上手に使って、美味しいごはんを作ってみてください。
炒り卵の黄色と野菜のグリーンが色鮮やかで、おひつの中にも春を感じられることでしょう。

 

おひつはごはんを美味しくしてくれる便利な道具で、その使い方は無限大です。
ぜひ春らしさ満点のごはんメニューも楽しんでみてください。まだおひつを持っていない!という方は、春の新生活スタートを機に、購入してみてはいかがでしょうか。
志水木材の寿司桶・おひつ販売ページでは、さまざまなサイズのおひつを種類豊富に取り揃えています。
家族の人数や使い方に合わせて、ぴったりのアイテムを選べますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

おひつのご購入はこちら