寿司桶(すし桶)、おひつ、檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売は木曽の志水木材

メニューホームオンラインショップカート

保存するだけでふっくらおいしいごはん
おひつのご飯レシピ

ちょっぴり豪華なおひつレシピ2選と木製おひつも修理方法についてご紹介

休日は朝ごはんを食べている最中に「お昼ご飯はなに?」と聞かれてテンションが下がる。
主婦あるあるだと思います。

せっかくの休みくらい、楽をして過ごしたいものです。
そこで今回は、スーパーにあるお刺身の盛り合わせや手に入りやすくてお値段も財布に優しい鶏もも肉で、ちょっぴり簡単豪華なランチのレシピをご紹介します。

お刺身盛り合わせを使って簡単海鮮丼

スーパーでお値打ちなお刺身を購入したら、ぜひ試していただきたいのが
この簡単海鮮丼です。

一番難しい工程は「寿司飯を作る」だけ。
とても簡単なのに、豪華でステキなランチになります。

【材料(4人分)】
・お米       2合
・米酢       大さじ3
・砂糖       2と1/2
・塩        小さじ1
・お刺身盛り合わせ 適量
・大葉       2枚
・わさび      適量
・醤油       適量

【作り方】
1、米を研いで炊飯器で炊く。炊き上がったらおひつに入れる。
2、米酢・砂糖・塩をよく混ぜて、おひつご飯に混ぜる。
3、お茶碗かどんぶりに寿司飯をよそう。
4、大葉を敷き、刺身を乗せる。
5、わさびと醤油をかけていただく。

刺身だけではなく、卵焼きやネギなどを乗せても美味しいです。
たくさん作る場合は寿司桶を使う方が作業しやすいかもしれません。

人数が少ない場合は小さなおひつに盛り付けて、そのまま出してもよいでしょう。

 

鶏もも肉のコッテリ照りマヨ

肉類の中でも、比較的良心的な値段で手に入るのが鶏肉です。
買い物に行ったときにセールになっていたら、ぜひゲットして置きたい食品ナンバーワンといっても過言ではありません。
焼いてもよし、煮てもよし、さまざまなジャンルのメニューに取り入れることができます。
鶏肉にはタンパク質が多く含まれていますが、他にもビタミンB1、B2、Eなども豊富に含まれているので、積極的に取りたい食品です。
ほかにも、女性に嬉しいコラーゲンも含まれています。
皮の部分はカリカリに焼くと美味しいですが、カロリーが高いので食べ過ぎには注意です。

【材料(4人分)】
・お米       2合
・鶏もも肉     2枚
・酒        大さじ2
・塩        小さじ1/2
・片栗粉      大さじ4
・サラダ油     適量
(調味料)
・砂糖       大さじ2
・醤油       大さじ2
・みりん      大さじ2
・ニンニクチューブ 小さじ2
・マヨネーズ    適量

【作り方】
1、米を研いで炊飯器で炊く。炊き上がったらおひつに入れる。
2、マヨネーズ以外の調味料を合わせて、混ぜておく。
3、鶏もも肉を一口大に切る。
4、ビニール袋かボウルに入れ、混ぜ合わせた調味料を入れて揉み込む。
5、調味料を混ぜた後10分ほど休ませる。
6、10分経ったら片栗粉を加え、肉全体に行き渡るように混ぜる。
7、フライパンにサラダ油をひき、皮を下にして中火で焼く。
8、焼き色がついたら裏返し、蓋をして2〜3分弱火で蒸し焼きにする。
9、蓋を取り、水分を飛ばし、しっかりと焼き色をつける。
10、焼き色がついたら弱火にして、混ぜ合わせておいた調味料を入れて、焼き絡める。
11、皿に盛り付け、マヨネーズをかける。
12、茶碗におひつからご飯をよそう。

鶏もも肉だけではなく、鶏胸肉で作ってもおいしく作れます。
味付けがしっかりしているので、冷めても美味しいですし、お弁当のおかずにもぴったりです。

それから、お肉は調理する前に冷蔵庫から出して、常温に戻しておきましょう。
冷たいままだと、火の通りが悪くなります。

切るときはキッチンバサミを使うと、洗い物が少なく、楽です。

 

おひつを買い替えるタイミングや修理して使うメリットとは?

おひつは使っているうちに、タガという部分が緩んだり、底板が外れたり、手入れが必要になります。
安価なプラスチックの量産品であれば、壊れたら捨てて新しいものを買った方が良いとされていますが、職人が丹精込めて作ったおひつはぜひ、修理して使い続けていただきたいものです。

おひつは何十年前の製品でも修理が可能なので、よほどひどく壊れていなければ再生できます。
修理して何代も使い続けると愛着が湧いて、より大事に使おうという気持ちになるのではないでしょうか。

買い替えるより、予備にもう一つ購入して交互に使う方が壊れにくいかもしれません。
タガが外れたり緩んだ場合は、おひつを逆さまにふせて置き、かまぼこ板を当ててカナヅチなどで軽く叩いて、嵌め戻せます。

底板が割れたなど、ご自分で修理するのが難しい場合は、志水木材へお問い合わせください。

 

まとめ

今回は簡単なのに、ちょっぴり豪華にみえるレシピを2つご紹介しました。
簡単海鮮丼はびっくりするくらい簡単なので、子どもさんと一緒に作ってみるのも楽しいのではないでしょうか。

大きなおひつで寿司飯を作れば、手巻き寿司パーティーもできます。
ぜひ、おひつを使って、楽しいランチタイムをお過ごしください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

おひつのご購入はこちら