檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売なら信州木曽の志水木材産業株式会社へお任せ下さい。

打ち水桶で節電

打ち水桶
地球温暖化対策と節電のために、打ち水が見直されています。
 
「打ち水大作戦」という、日時を決めて残り湯など一度使った水をいっせいにまくという運動も今では世界中に広がっています。
 
節電がよびかけられている今年の夏、昔ながらの風習 打ち水を行って自然の涼を楽しみませんか。

打ち水はなぜ良いの?

打ち水をすると涼しく感じますが、これは見た目だけではなく、本当に周辺の温度が下がっています。
その理由は、まかれた水が蒸発する際の気化熱にあります。
水は蒸発する際に周囲の熱を奪うため、それにより温度が下がるのです。

どこに打ち水をすれば良いの?

家のまわりの道路や庭、玄関先にまくと良いでしょう。
打ち水は冷却効果だけでなく、道路などの埃が舞い上がりにくくなるという効果もあります。

効果的な時間帯

日が高い時間帯にまいても水はすぐに蒸発してしまうので、朝夕の日が高くない時間に行うのが効果的です。

来客時の心遣い

また、昔から打ち水には場を清めるという意味合いもあったようで、
料亭や旅館ではお客様をお迎えする前に打ち水を行っているところも多いです。
こうしたおもてなしも風情があって良いものです。

打ち水桶

打ち水桶 節電
信州 木曽産の椹(さわら)材を使用した打ち水桶は、美しい木目を活かし職人技が生み出した逸品。
 
水に強い椹(さわら)材を使用し木曽の自社工場で丁寧に制作しており、長くお使いいただけます。

節電が呼びかけられているこの夏、打ち水桶で打ち水を行い、節電しませんか。
打ち水桶のページへ

檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売なら志水木材ホームページトップへ

page