檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売なら信州木曽の志水木材産業株式会社へお任せ下さい。

2017年12月11日  7:36 PM

沐浴用ベビーバス「うふっ湯桶」が、

ウッドデザイン賞運営事務局が主催(林野庁が後援)する「ウッドデザイン賞2017」に入賞し、

そのなかの上位賞である「ハートフル部門 奨励賞」を受賞しました。

今回のウッドデザイン賞は応募総数が453点、

そのうち、上位賞として最優秀賞(農林水産大臣賞)1点、優秀賞(林野庁長官賞)9点、奨励賞(審査委員長賞)15点が選定されました。

https://www.wooddesign.jp

今後も積極的に木製品の開発に取り組んで参ります。

2017年06月23日  10:36 PM

本日23日の中日新聞長野版に

木曽五木のひとつ椹(さわら)で作った産湯桶「うふっ湯桶」の記事が掲載されました。

デザインもちょっとオシャレな桶です。

足湯桶としてもお使いいただけます。

ご用命お待ちしております。

うふっ湯桶

2017年04月01日  7:58 PM

当社では昔ながらの木の盥(たらい)を製作していますが、
お客様の中には産湯桶としてご使用になられるためにご注文いただくこともあります。
生まれたての赤ちゃんが肌触りのよい木の桶に触れることは、
自然の恵みに包まれて健やかに成長し、
自然を大切にする大人になってくれることでしょう。
このたび、そんな木づかいの第一歩としてお使いいただける産湯桶を多方面の企業様とのコラボレーションで開発いたしました。
産湯桶だけの短期間の使用だけではもったいないので、
末永く「木に親しむ暮らし」のシンボルとしてご愛用いただく転用アイデアもご提案させていただいております。
赤ちゃんから思わず「うふっ」っと笑みがこぼれるベビーバスです。もちろんママとパパも「うふっ」
その名も「うふっ桶」です。
ご用命お待ちしております。

2014年09月16日  7:43 PM

タグ  

赤ちゃんの沐浴を恐るおそるした日は遠い昔となってしまいましたが、我が家の子ども達は赤ちゃんのときから相当のお風呂好きでした。

お湯に浸かると何とも気持ちよさそうな表情を浮かべていました。

その当時はプラスチック製のベビーバスを買ってキッチンのシンクにはめて使っていたように記憶しています。

今ではさまざまなベビーバスがあるようです。

空気を入れて膨らませるエアーバス、折りたたみ型で旅行にも持っていけるもの、シートで洗面台や流し台を覆いシンクをバスにするタイプなどなど。

いろいろあるんですが、どれも化成品でとても環境に配慮しているものとはいえません。

そこで自然派志向のお客様にオススメできる産湯桶を試作してみました。

左側が直径66センチの盥(たらい)です。ご家庭の浴室でご使用になるのには少し大きいかもしれませんね。

(直径60センチ、54センチのタライもございます。)

右側が小判型の産湯桶。

赤ちゃんの沐浴にピッタリのサイズです。

檜で作っていますので耐久性、耐水性も抜群です。

いただいたお客様のご反応を商品化に結び付けたいと考えております。

お便りをお待ちしております。

檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売なら志水木材ホームページトップへ