寿司桶(すし桶)、おひつ、檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売は木曽の志水木材

メニューホームオンラインショップカート

タグ『台風』の記事一覧

  • 季節外れの台風

    2017年10月25日

    先週末の季節外れの台風21号。

    各地で甚大な被害をもたらしました。

    被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

    また台風22号も日本列島に近づきそうです。

    被害のないことを祈りたいと思います。

    木曽の天気も不安定で、なかなか秋晴れの日が続きません。

    カラッと晴れた月曜日には山の木々が色づき、のどかな秋の風景が見られたのですが・・・

  • 台風接近にご用心!

    2017年09月15日

    奈良県や北海道で記録的豪雨があったばかりですが、今度は非常に強い台風が日本を襲いそうです。

    早めの備えを心掛けましょう。

    ところでお米の作柄は平年並み~やや良らしいのですが、

    天候不順で実入りが懸念されているようです。

    台風で被害が出ないことを祈るばかりです。

    せっかくの三連休ですが、屋内でお年寄りと過ごすのもよいかもしれませんね。

    よい週末をどうぞ。

    飯切り製作現場

  • またしても自然災害の恐ろしさを痛感

    2016年09月01日

    このたびの北海道、東北地方の台風で亡くなられた方に謹んでお悔やみ申し上げます。

    また被害にあわれた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

    被災地域の一刻も早い復旧をお祈りしております。

    南木曽では台風の影響はほとんどなく過ぎ去った後はすっかり秋めいた天候となっています。

    朝晩は半袖では寒いほどです。

    入浴もシャワーで済ませるには躊躇します。

    そろそろお風呂が気持ちいい季節です。

    こんな木の風呂でならなおのことです。

    檜風呂

  • 台風に注意!

    オリンピックも残りわずかとなりました。

    日本勢の大活躍には物凄く感動しましたね。

    そして四年後の東京オリンピックがとても楽しみです。

    ところで日本ではお盆休みも終わり台風シーズンを迎えています。

    川の氾濫で住宅浸水があった北海道地方の皆さまは特にお気を付けくださいませ。

    さて、当社工場で製造しております養蜂具。

    養蜂具

    都会の繁華街でも見かけることができます。

    それも店先で。

    店頭にも養蜂箱

    暑い夏にはさっぱりとしたハチミツドリンクが合うようです。

    お客さんにも好評のようでした。

    皆さんもお試しくださいませ。

    健康は一さじのハチミツから。

  • いつのまにかカレンダーも残り3枚

    2013年10月16日

    ついこの前まで、「暑い、暑い」と言っていたのが嘘のように今日は肌寒い一日でした。

    台風も接近中とのことで雨も降り続きました。

    関東地方の皆さんは台風の進路に充分ご注意くださいませ。

    さて、工場では高野槇の木風呂を製作しています。

    浴室にぴったりフィットするよう妻方向に化粧板で囲ってあります。

    風呂釜も化粧板で隠せます。

    循環用の配管は現場で固定します。

  • いよいよ台風シーズン突入?

    2013年08月29日

    お盆過ぎから涼しい空気と入れ替わった南木曽はこのまま秋に季節が変わっていくようです。

    そして西からは台風が。

    8月もあと二日間ですものね。

    なんだか涼しい風に当たっていると、真夏の猛暑が懐かしく感じられるような・・・

    都市部ではまだまだ暑い日が続いているようなので、涼しさはここ南木曽だけの贅沢かもしれませんが。

    (なんといっても工場の標高は800メートルありますからねー。その代わり冬の寒さといったら・・・)

    秋は地区の行事も目白押しです。

    地区の運動会に始まり、保育園の運動会、中学校の総合発表会、地区の神社のお祭り、・・・

    今年も元気に秋を満喫したいと思っています。

     

  • 台風が来れば桶屋が儲かる?

    2012年06月19日

    台風4号が和歌山県に上陸し、ここ南木曽も風雨が強まってきました。

    今晩は長野県内を通過する予報なので、もしかすると眠れない夜になるかもしれません。

    台風と言えば、昭和34年の伊勢湾台風も長野県内を縦断し、甚大な被害をもたらした記録があります。

    南木曽では水害はなかったものの、暴風雨が強く、瓦屋根が動き、ガラス窓が割れたとの証言があります。

    そして何より大量の風倒木が川に溢れたようです。

    風倒木が橋に引っ掛かり、川が氾濫することもあったようです。

    後に、この風倒木で木材産業が活発化し、木工業が主要な産業になったのはこれ以降のことらしい。

    災い転じてなのだが、何が影響するのか本当に分からない。

    「風が吹けば桶屋・・・」のことわざは、

    「大風で土埃が立つ。土埃が目に入って、盲人が増える。・・・・ネズミは桶を囓る。桶の需要が増え桶屋が儲かる」と

    ある事象の発生により一見すると全く関係の無いような思わぬ所・物事に対して影響が出ることの例えらしいのだが、

    昔と同様、今の世の中、何がわざわいするか本当に読めなくなっていますね。

    だからこそ、いろいろなアイデアを考えてストックしておく必要があると思っています。

    ともあれ、何事もなく台風が通過してくれることを祈りましょう。