寿司桶(すし桶)、おひつ、檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売は木曽の志水木材

メニューホームオンラインショップカート

寿司桶でつくるおもてなし料理
寿司桶レシピ

夏バテ、夏の体の疲れにぴったりな「すし飯レシピ」をご紹介!

夏になると食欲が落ちて、体が重くて動かなくなる……。

そんな時ほどきちんと飲み、しっかり食べて、
体力の底上げをしていくのが肝心です。

 

ただ体力が落ちている時は自然と食が細くなり、
食べようと思っても物が喉を通らなくなることもありますよね。

そんな時は「苦み」や「酸味」を使って
食欲をあげていくのがお勧めです。

 

苦みや酸味にはだ液の分泌を増やしてくれたり、
胃の働きを活発にしてくれたりする効果があるため、
食欲がダウンした日でも物が食べやすくなります。

 

そこで苦みや酸味を使った「すし飯レシピ」をご紹介します。

ぜひ食欲が落ちてきた日のメニューとして、
参考にしてみてくださいね。

 

 

■すし飯レシピ、その1「ゴーヤと豚肉のまぜずし」

 

2.■すし飯レシピ、その1「ゴーヤと豚肉の混ぜ寿司」夏バテにぴったりの夏の食材といえば、
「ゴーヤ」と「豚肉」の組み合わせ。

 

ゴーヤといえばビタミンCが豊富な食べ物として知られていますが、
ゴーヤの苦み成分モモデルシン、チャランチンとコロソリン酸も
夏バテを防ぐために注目の栄養成分です。

いずれもあまり聞きなれない名前の成分ですが、
驚くほどの効能を持っています。

 

チャランチンはインスリンの分泌を促進してくれ、
血糖値を下げてくれると注目の成分です。

 

またコロソリン酸は植物インスリンという別名を持っており、
やはり血糖値を下げるのに効果があるのだとか。

 

さらにモモデルシンには血糖値の降下作用の他に
健胃作用があり、食欲を増進してくれる効果も。

 

炎天下の屋外とクーラーの効いた部屋の行き来をするなど、
温度差が激しい場所を行き来することによって
夏場は血糖値はあがりやすく、
さらに夏になると甘い飲み物を飲む機会が増えるため、
これも血糖値上昇の原因になることがあるよう。

 

そんな夏場の疲れた体を癒やしてくれ、
自然と落ちがちな食欲を増進してくれるのが、ゴーヤなのです。

 

また豚肉はビタミンB群が豊富な食材として有名です。

ビタミンB群は体の基礎代謝にかかわっている大切な栄養素で、
糖質・脂質・タンパク質をエネルギーに変えてくれたり、
貧血を予防してくれたり、髪と皮膚の代謝を良くしてくれたりと
様々ないい役割をしてくれる栄養素です。

 

夏場は暑さで食欲がダウンし代謝が落ちやすく、
紫外線の影響で皮膚や髪の影響も心配な季節。

 

ゴーヤと豚肉の組み合わせは、
夏場に心配な「体のトラブル」を防いでくれ、
補ってくれる頼もしいタッグです。

 

ぜひ美味しいすし飯と共に、ゴーヤと豚肉をいただきましょう!

 

 

(用意する材料:5~6人分)

米 4合

ゴーヤ 1本

豚肉こま切れ 300g

卵 2個

醤油 大さじ2

酒 大さじ1

砂糖 小さじ1

ゴマ・刻みのり 適量

合わせ酢 適量

 

 

(作り方)

1、お米を炊飯器で炊き、すし桶に入れて合わせ酢を入れ、すし飯を作ります。

2、ゴーヤを半分に切り、わたと種をとって薄く切っていきます。

3、フライパンで豚肉を炒め、ゴーヤを入れて醤油・酒・砂糖を加えて炒めます。

4、別のフライパンにサラダ油をひき、卵を入れて「いり卵」を作ります。

5、3と4を1に入れて、ざっくりと混ぜ合わせます。

6、仕上げにゴマと刻みのりをトッピングして完成です。

 

 

■すし飯レシピ、その2「グレープフルーツの海鮮まぜずし」

 

3.■すし飯レシピ、その2「グレープフルーツの海鮮混ぜ寿司」すし飯というと「お酢を使うもの」というイメージですが、
すし飯変わりに酸味のあるグレープフルーツを使って、
おすしを作る方法もあります。

 

夏は食欲が落ちやすく、さっぱりしたものでないと
喉を通らなくなることがありますよね。

そんな日には爽やかな柑橘を使ったおすしがお勧めです。

 

お酢には独特の鼻につく強い香りがありますが、
グレープフルーツの香りは爽やかでお酢よりも角がないため、
食欲がない日にもさっぱりと食べやすい食材です。

 

またグレープフルーツに含まれているビタミンCは、
夏バテや疲労回復にぴったりの栄養。

疲れやストレスを感じるとビタミンCが体の中で大量に使われるため、
夏場はそれを補ってくれるようなビタミンCが
たっぷりの食材を使うのがお勧めです。

 

ぜひグレープフルーツなどの柑橘類を利用して、少し変わった「おすし」を楽しんでみてくださいね。

 

 

(用意する材料:5~6人分)

米 4合

グレープフルーツ 2個

砂糖 大さじ2

塩 小さじ1

ツナ缶 2個

エビ 10尾

キュウリ 1本

 

 

(作り方)

1、米を炊飯器で炊き、できあがったらすし桶に入れます。

2、グレープフルーツ2個分のしぼり汁に砂糖と塩を加え、
混ぜ合わせたものを合わせ酢代わりに1に入れて
ざっくりと混ぜ合わせ、すし飯を作ります。

3、エビの皮をむき、塩ゆでします。

4、キュウリを薄くスライスして塩をもみこみ、しんなりするまで置いておきます。

5、2にツナ缶と4を加えてざっくりと混ぜ合わせます。

6、仕上げにエビを散らしたら、完成です。

 

 

夏は自然と食欲が落ちてしまい、体が自然と弱ってしまいやすい季節。

またそんな体調不良をさらに悪化させ、
悪循環に導きやすいのが「エアコン」の使い過ぎ。

 

熱中症予防のためにはエアコンを使うことも大切ですが、
体が冷えすぎない程度の適温を心掛けるのも大切です。

 

ぜひ温度差による体調不良を防ぎつつ、
上手に夏バテや食欲不振を防いでくれるメニューを取り入れながら、
暑い夏を乗り切っていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

寿司桶のご購入はこちら

お問い合わせ

寿司桶・飯台・飯切、おひつ、桶、木風呂、その他木製品の製造から販売、
修理のことまでなんでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームはこちら