檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売なら信州木曽の志水木材産業株式会社へお任せ下さい。

桶・おひつ・檜風呂の志水木材 トップページ  >  寿司桶  >  そうめんの美味しい茹で方

そうめんの美味しい茹で方

夏の定番料理といったら、やっぱりそうめん。
夏の暑さで食欲が無くても、さっぱりしたそうめんならつるりと食べることができるもの。
シンプルな味だからこそ、美味しく茹でて盛り付けにも凝りたいところです。
美味しく茹でるコツをご紹介します。

  
 

~そうめんの美味しい茹で方~

1.鍋にお湯を沸かします

そうめんはたっぷりのお湯で茹でましょう。
そうめん100gに対して1Lは用意しましょう。
こうすることで、茹で時間が均一になり、また、くっつくのも防げます。

2.そうめんを鍋に入れます

束で入れるのではなくぱらぱらと入れ、くっつかないように箸で軽くかきまぜます。

3.沸騰した状態をキープ

火加減はできるだけ強火で。
差し水はせずに、吹きこぼれそうになったら火を弱めて調整し、2分程沸騰させます。

4.味見

麺を1~2本取り、味見。芯がなければOK。

5.水洗い

素早くざるに上げて湯を切り、氷を入れた冷水2~3回、水洗い。
表面のぬめりを取ります。
この時、氷水を使うのがポイント。
水道水に氷を入れて用意しておきましょう。
冷たい氷水で麺が引き締まり、更に喉ごしが良くなりますよ。

6.盛り付け

氷と一緒に、木桶(寿司桶)に盛り付けます。
見た目も夏らしく、風流。
家族みんなで楽しみたいですね。

 

 

今回盛り付けに使用したのは、寿司桶。
ちらし寿司や寿司飯を作るときはもちろんのこと、そうめんの盛り付けにもぴったりです。

お家に一つあると、いつものシンプルなお料理でも雰囲気が出て豪華に見えるのでお勧めです。

 
 
志水木材産業では、小さい7寸サイズから大家族用・業務用まで様々なサイズを豊富に用意しています。
寿司桶のページはこちら

檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売なら志水木材ホームページトップへ

page