檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売なら信州木曽の志水木材産業株式会社へお任せ下さい。

桶・おひつ・檜風呂の志水木材 トップページ  >  おひつ  >  新米の美味しい炊き方

新米の美味しい炊き方

今年も新米の美味しい季節になりました。
この時期は一年のうちで最も美味しいお米が味わえます。
新米は、炊き方に少し気をつけることで上手に炊くことができます。
ご飯の本当の美味しさを存分に味わってください。

  
 

~新米の美味しい炊き方~

1.米をとぐ

最初に水で洗う際には、素早く水を切ることが大切です。
すぐに水を捨てないと、お米がぬかの匂いを吸ってしまうから。
一回目はさっと洗いすぐに水を捨てるようにしましょう。
 
その後の洗いは、円を描くようにとぎます。お米の欠け・割れを防ぐため、力をいれすぎないようにしましょう。

2.水加減

新米は水分を吸収しやすい特徴があります。
炊飯器の釜の目盛りよりも、やや少なめの水加減にしましょう。
また、この時に美味しい水を使うのもポイントです。
浄水器を通したお水や、ミネラルウォーターを使うと良いでしょう。

3.吸水

炊く前に、30分程、吸水させます。
時間を置きすぎてしまうと、食感が損なわれますので、30分~1時間を目安に行うと良いでしょう。

4.炊飯

炊飯器、または土鍋で炊きます。
炊飯器の場合はスイッチを入れるだけです。
土鍋で炊飯の場合は、最初は中火で10分程度、沸騰したら弱火で15分炊きましょう。

5.蒸らし

炊き上がったら、10分程蒸らします。
炊飯器や土鍋の中の水分をお米が吸収し、ふっくらとしたご飯に仕上がります。

6.ほぐし

蒸らした後は、できるだけ早めにほぐします。
しゃもじを使い、釜の底からほぐすことで、余分な水分をとばして光沢のあるご飯になります。
時間が経って冷めると固くなってしまうので、早めに行いましょう。

7.おひつに保存

炊飯器や土鍋から、おひつにご飯を移します。
食卓でおひつをあければ、ほんのり木の香り。
ごはんもふっくらツヤツヤな仕上がりです。
炊飯器や土鍋に温かいご飯を入れたままだと、冷めた際に、水分でお米が水っぽくなってしまいます。
木製のおひつに入れることで、木の吸湿作用により、冷めても美味しさが長持ちします。

 

新米は、お米本来の甘みと風味が魅力。
何もかけず、そのままの味わいを楽しめるのがこの季節ならではの楽しみです。

美味しい新米を、もっと美味しく味わうなら、炊き上がったご飯をおひつに入れるのがお勧めです。
お米の美味しさを最大限に引き出すおひつで、新米をもっと美味しく味わいましょう。

 
 
志水木材産業では、お一人様用の小さい5寸サイズから大家族用・業務用まで様々なサイズのおひつを豊富に用意しています。
おひつのページはこちら

檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売なら志水木材ホームページトップへ

page