寿司桶(すし桶)、おひつ、檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売は木曽の志水木材

メニューホームオンラインショップカート

木風呂のお手入れについて

一般の家庭で使用される檜風呂(木風呂)は、基本的に毎日排水洗浄して頂き乾燥させて下さい。お湯を入れたままにすると内側に「ぬめり」がついてしまいます。
但し長期間(2週間以上)使用しない状況や、浴室暖房や床暖房がある場合は、桧風呂が乾燥しすぎて割れを起こす危険がありますのでご注意ください。

理想的な毎日のお手入れ方法

  • 1

    ご使用後はその日のうちにお湯を排水して下さい。

  • 2

    排水直後に抗菌作用のある洗剤(SC-1000等)と柔らかいスポンジで汚れを落として下さい。特に内側のコーナー部分と外側の石鹸などが付着しやすい場所では注意して下さい。

  • 3

    洗浄後、残留水や表面に付着した水分を乾いた布で拭き取ってください。

  • 4

    後は浴室の換気を良くして頂き自然乾燥させます。(※過乾燥に注意)
    出来る範囲でお手入れして下さい。台所で使用する檜まな板をきれいに使う方法と同じです。

理想的な毎日のお手入れ方法

定期的なお手入れ

導入時には防カビ効果、撥水効果のある木材保護剤をしみ込ませてあります。(ミヤキ木肌一番)
食品安全衛生法をクリアしている物ですので安心してお使い頂けますが、効力は半年位から弱まります。
半年~一年ごとに保護剤塗布をお薦め致します。塗布後24時間は檜風呂の使用は控えて下さい。

万一カビが発生してしまったら早めに漂白して下さい。市販の漂白剤で結構ですが必ず木材用を使用し、その後、保護剤塗布をして下さい。
洗剤(SC-1000)、木材保護剤(木肌一番)、漂白剤(カビスケ)は弊社でお取り寄せ致します。
必要であれば申しつけ下さい。その他ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

定期的なお手入れ

長期間使用しないときは

長期間使用しないときには、乾燥のし過ぎを防ぐ為、水を汲んだバケツを浴槽内に入れ、蓋をしておきましょう。
乾燥しすぎてしまうと木の性質上、木が縮み、隙間ができてしまうことがあります。

長期間使用しないときは

耐久性について

檜風呂は設置方法や設置環境にもよりますが、通常手入れをした場合で約10年位、設置条件が悪い場合は3~5年です。
志水木材ではお客様の設置環境を十分に調べ、より桧風呂を永く、 気持ち良く使って頂くための最善の設置方法をご提案いたします。

耐久性について
image

木風呂のご注文

ご注文、お見積り依頼はこちらのフォーム、またはお電話にてお問い合わせください。

ご注文・お見積りフォームはこちら