檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売なら信州木曽の志水木材産業株式会社へお任せ下さい。

桶・おひつ・檜風呂の志水木材 トップページ  >  木風呂・露天風呂の製造の様子

木風呂・露天風呂の製造の様子

原木から木風呂になるまで

木風呂 露天風呂の製造の様子をご紹介します。
熟練の職人が一つ一つ、心を込めて製作しています。

工場材木置き場
木曽谷から生産された、木曽檜、さわら、高野槙等の原木

樹齢150年~300年にもなる貴重な天然木

無駄が出ない様に1本1本丁寧に製材します

製材された板は桟積みされ、天日乾燥します

必要な寸法に切断し、欠点を除去します

材料に無駄が出ない様、慎重に荒木取りをします

木表、木裏、逆目等を注意しながら必要部材に整えます

荒木取りの完成

木材の含水率を一定にする為、人工乾燥させます
狂い等を防ぐ為の重要な工程です

箱風呂編

乾燥された材料を板接ぎします
フィンガージョイントという特殊な接ぎ方です

耐水性の接着材で強力に接着します

表面を仕上げた後、部材の加工をします

ホゾ組み加工
防水の為1㎜の誤差も許されません

ホゾが仕組まれた材料

組立
ホゾの堅さを確認しながら慎重に組み立てます

ステンレスの釘金物でしっかり固定します

銅製の釘隠しでお化粧をします

接着材、パッキン、釘、ビスを使って底板を付けます

面取り、全体総仕上げを施します

箱風呂の完成です

色んな形の木風呂が製作出来ます

樽風呂編

一枚一枚削りながら角度調整をします
職人の勘に頼る部分が大きく、最も難しい工程です

板の内側、外側を鉋で丸みを付けます

ダボと耐水性接着材を使ってパーツを組み立てます

桶の傾斜を利用して、パーツを圧着します

手鉋を使い、荒削り、仕上げ削りと表面をなめらかにしていきます

内側、外側と、つるつるになるまで鉋がけします

桶の寸法に合わせたタガを製作し、しっかりタガ締めします

底板をはめ込む溝を作ります

ぴったりの大きさになるまで何度も調整し、底板をはめ込みます

足クリ、樽風呂のちょっとしたお洒落です

面取りや、最終磨きをします

樽風呂の完成です

檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売なら志水木材ホームページトップへ

page