檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売なら信州木曽の志水木材産業株式会社へお任せ下さい。

椹(さわら)の山づくり

桶材と言えば、なんといっても木曽椹(さわら)です。耐湿性に富み、木目も大変綺麗です。その椹(さわら)材の多くは国有林から伐り出されますが、昨今は資源の枯渇を防ぐ為に伐採量も年々減ってきています。
そこで当社も国の森林整備事業に少しでも協力しようとボランティア作業を行うことにしました。
一つの森を作るのに、地ごしらえ→植林→手入れ、と何十年もかかりますが、伝統産業を継承するため、後生に椹(さわら)山を残したいと思っています。

植樹

環境活動檜の植林木を間伐した斜面に30センチほど掘り下げ、椹(さわら)の苗を植えました。

環境活動植樹は1時間ほどの作業でしたが、丈夫に育って欲しいとの願いを込めて額に汗して働きました。

環境活動これから如何に手を掛けていくかで椹(さわら)の山づくりも真価が問われると思っています。社員一同「継続は力なり」で頑張っていきたいと思います。

地ごしらえ

環境活動檜(ひのき)の植林木が立ち並ぶ中に来春苗を植えます。今回は、その植林場所の間伐、笹刈りを社員全員で汗を流しました。
このように上層の大径木の伐った空地に植栽して下層木を育てていく方法を育成複層林と言うそうです。

環境活動複層林は、水源かん養などの森林の有する機能が高度に発揮されることや大径木で年輪の詰まった高品質の材木に育てることができるそうです。
ただし、植栽後は5~8年にわたって下草刈りや枝打ち・除伐など、こまめな手入れが必要だそうです。

環境活動社員一同初心を忘れずに森林育成作業を継続していきたいと考えています。

檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売なら志水木材ホームページトップへ

page