檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売なら信州木曽の志水木材産業株式会社へお任せ下さい。

なぜ湯船?

2013年10月03日  10:55 PM

タグ  ,

今日も暑い南木曽の天候でした。

工場では寿司桶をフル操業で生産しています。

通路も桶で溢れています。

秋になって需要が増えているのでしょうか?

さて、皆さん浴槽のことを「湯船」と言うことありますか?

私も使った記憶がありますが、なぜ”船”を使うのか分からないまま「湯船」と言っていました。

船の形をしたお風呂だから!?

ある新聞社のコラムに「湯船」の話が・・・

どうも江戸時代に船に湯をはった桶を載せてお客に行水させていたのが初めらしいのです。

その後、浴槽を設えた船が登場。

湯をはった船だから「湯船」。

江戸の川や水路をめぐり移動式の銭湯として親しまれたんだとか。

船上の風呂の居心地はどんなもんだったんでしょうね。

なかなか風流だった?

過去の記事
2017年12月11日   ウッドデザイン賞2017奨励賞を受賞しました
2017年12月6日   緊急地震速報にビックリ!!
2017年12月4日   いよいよ師走
2017年11月28日   インフルエンザの予防
2017年11月26日   いい風呂の日
2017年11月21日   早くも冬本番?!
2017年11月10日   テレビの取材がありました
2017年11月7日   秋は駆け足で
2017年10月31日   今朝は初冬の冷え込み
2017年10月30日   雨の多かった十月

檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売なら志水木材ホームページトップへ