檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売なら信州木曽の志水木材産業株式会社へお任せ下さい。

蒸し暑い一日

2013年06月13日  9:51 PM

タグ  

工場の2階は大型露天風呂の製作で台車を通るのも一苦労の状態です。

とうとう1階でも木風呂の製作が始まりました。

さて、降りそうで降らない天気で今日は非常に蒸し暑い天気でした。

気温も今シーズン最高の29度まで上昇。

作業の忙しさも加わり、工場内もヒートアップ!

ところで、最近読んだ本の一つに「限界集落株式会社」という本があります。

やり手の主人公が祖父の田舎村(中山間の、農業しか産業がないのに耕作放棄地ばかりで、郵便局もなくなり、猿やイノシシなどの獣が頻出。町中心部との合併。)で、

農業の再生を通して村を再生させる物語。

限界集落からの再生という非常に切実なテーマながらライトノベル的なドラマを盛り込んでいて非常に読みやすい内容でした。

テーマについて深く切れ込む内容ではないものの、過疎地域の実情をちりばめて「改革なくして再生はない!」と元気のでる、そして共感できるところもありました。

南木曽町、特に工場のある広瀬地区もかなりの過疎化が進んでいます。

長野県の高齢化率26.7%に対して南木曽町は37%。

広瀬地区にいたっては5年前に比べ人口が15%も減少。

限界集落にはまだ至ってないものの10年後はどんな状況になるのやら・・・

とつくづく考えさせられました。

一朝一夕に出来ることではないのでしょうが、

まずは今の桶の仕事を充実させることから変革できたらと思っています。

過去の記事
2017年5月26日   当社にNHKひるブラが来ます!
2017年5月22日   南木曽も夏日!
2017年5月17日   樽風呂に知恵の輪?
2017年5月10日   ニュース番組で「ヒノキ風呂が消滅!?」
2017年4月28日   女性誌に「うふっ湯桶」登場
2017年4月22日   GWのお酒はほどほどに
2017年4月13日   家酒場マストアイテム
2017年4月1日   「うふっ桶」誕生です!
2017年3月28日   海外へのアピール
2017年3月19日   豪華寝台列車に当社の檜風呂採用されました

檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売なら志水木材ホームページトップへ