檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売なら信州木曽の志水木材産業株式会社へお任せ下さい。

熱中症の対策は?

2012年07月18日  10:08 PM

タグ  

今日も32度を超す猛暑。

こうも季節がガラッと変わると身体が付いていきませんね。

工場の中は機械の出す熱もあいまって異常なほどの熱気に包まれています。

さて、熱中症の対策として重要なのが水分補給。

人体の約60%を占める水分は、血液やリンパ液の主成分として体内で栄養や酸素を運ぶ大切な役目を持つ。

体内の水分が体重の2~3%分失われると脱水状態と なって喉が渇いて体が注意警報を発し、5~6%を超すと深刻な状態になるんですって。

熱中症や脳梗塞、心筋梗塞を起こす可能性が高く なったりするので、もう大変。

平均的な日本人が1日に必要な水分量は2.5リットル。

食事に含まれる水分などで約1.5リットル摂取できるため、飲料からは通常1日1リットル程度摂る必要がある。

より汗をかく夏には1日1.5~2リットルを飲料から摂取した方がよいとのこと。

ただ水分補給の方法も重要。

「こまめに、回数を多く」飲むことが効果的だとか。

体内の水分量が安定して、代謝が活発になるとのこと。

起床、就寝時と三度の食事のとき、入浴前にコップ1杯を、それ以外は30分~1時間ごとにコップ半分の水を飲むとちょうどいいらしい。

桶づくりに集中するあまり、熱中症にかかることのないよう、意識して水を飲むように心掛けたいものです。

過去の記事
2017年9月15日   台風接近にご用心!
2017年9月11日   敬老の日のプレゼント
2017年9月6日   スポーツの秋、あなたは何する?
2017年9月4日   お風呂が気持ちいい季節
2017年8月30日   これもお寿司?
2017年8月28日   お客様の声
2017年8月18日   お盆明けも不安定な天気
2017年8月12日   お盆休みのお知らせ
2017年8月4日   南木曽の夏も終盤?
2017年8月1日   今日から8月

檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売なら志水木材ホームページトップへ