檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売なら信州木曽の志水木材産業株式会社へお任せ下さい。

杉板の看板

2012年02月10日  5:28 PM

タグ  ,

今日は、大きな杉板の仕上げ作業をしました。
横幅1メートル程、長さは1メートルを超える大きなもの。
厚みも3センチほどあり、結構な重量です。
まず幅15センチ~20センチほどで決まった長さに木取り乾燥させておいた材料を手押しします。(手押しとは、手押し鉋盤で材料の直角を出すための鉋掛けのこと)
その後、溝掘り機で断面を凸と凹に加工します。
これを糊付けして、高周波接着機で接着します。(電子レンジにも使われている高周波で加熱することで、接着剤の硬化を促進させ短時間で強固に接着することができます)
出来上がった杉板を大型のサンダーで、表面を平らに加工します。

これをダブルソーでお客様指定の幅と丈に詰めて製品の完成です。
木のお風呂を作っている工場なので、この程度の大きさの板は問題なく加工できるのですが、厚みもあり数量も多かったので、かなりの重労働になりました。「近くの温泉に入って来週の作業に備えなきゃ」との職人のコメントもうなずけます。

過去の記事
2017年5月26日   当社にNHKひるブラが来ます!
2017年5月22日   南木曽も夏日!
2017年5月17日   樽風呂に知恵の輪?
2017年5月10日   ニュース番組で「ヒノキ風呂が消滅!?」
2017年4月28日   女性誌に「うふっ湯桶」登場
2017年4月22日   GWのお酒はほどほどに
2017年4月13日   家酒場マストアイテム
2017年4月1日   「うふっ桶」誕生です!
2017年3月28日   海外へのアピール
2017年3月19日   豪華寝台列車に当社の檜風呂採用されました

檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売なら志水木材ホームページトップへ